ピルが無い昔の日本ではどう避妊していた?

ピルがない時代というのは、どうやって避妊をしていたのか疑問に思った人も多いはずです。
アメリカでピルが開発された時代には、「革新的な発明だ」と大きく騒がれたものです。
では、昔の日本はどうだったのでしょうか。

方法は二つあります。
和紙に蝋を塗って固めたものと、動物の皮を利用するものです。
利用者にとっては、かなり気持ち良くないものだということは想像できます。

ピルは普及する前の避妊道具として昔の日本で富裕層に親しまれていたのが、和紙を蝋で固めたものです。
これは、プラスティックの避妊具と言えます。
ただ、それなりの快感はありました。
そうでなければ、普及することはありません。

もう一つは、動物の皮を利用したものです。
日本は古来から肉を食べるのを禁止していました。
しかし、薬として肉は売られていました。
アメリカでいうマリファナのようなものですね。
そのため、動物の皮は生産価値がないものとして、庶民の手に入るものでした。
そのため、避妊具とて使用されることはよくあったのです。
皮があれば避妊しない。
それは常識ですね。
それを実現させたのが、動物なのです。
確かに動物の皮さえあれば避妊しないのは確実です。
しかし、本当の気持ちよさは手に入りにくいのは確かです。

昔の日本は欧米諸国において性生活が遅れていたのは確かです。
しかし、和紙を蝋で固めたり、動物の皮を使用したり、利用者の気持ちを汲み取った努力をしているのは確かです。

セックスがしたい。

これはどの時代にもどの世代にも起こり得る事実です。
しかし、昔はピルはありません。
避妊具不十分なものばかりでした。
そうしたものを補えるのが、今の日本のピルなのです。

さえしっかりとしていれば、避妊はしっかりとできます。
昔の日本と今の日本は違うのです。
和紙に蝋を塗る。
動物の皮を使用する。
そんなものは時代遅れです。

今はしっかりとした避妊体制ができています。
ピルは絶大なものなのです。
安心してください。

h2現在でも日本でのピル利用者数は少ない

古代、日本にはピルというものはありませんでした。
しかし、それでもに日本ではピルの認知度が低いのは確かです。
確かにピルを利用するよりも、避妊具を使った方が楽かもしれません。
しかし、避妊具も妊娠を回避する可能性はゼロではないのです。
エイズなどの性病を気にする人もいますが、そんなものは、少ないです。
殆どありません。

そう考えると、絶対的に妊娠を回避して、尚且つ快楽度も増すピルの方が重要度が高いのはわかります。
しかし、認知度は少ないです。
日本の高クオリティーな避妊具のせいで、重要となるピルの認知度が少ないのが現状です。

ピル認知度は少ないです。
ピルの認知度はもっと高めなければいけません。
少ないピルで妊娠を回避できるのです。
妊娠は本当に怖いものです。
妊娠してしまえば、愛ある関係性ならばまだしも、知りもしない相手との関係性だと、愛のない教育をしてしまいがちです。
それは虐待に繋がってきます。
そうした事態を避けるために、認知度の少ないピルを広める必要があります。

今の日本では、ピルは認知度が少ないです。
これは確かなことです。
わざわざ産婦人科にまで行って、受診して、取ってくる。
そんな手間暇をかけるならば、コンビニで売っている避妊具を買う方が良いです。
しかし、それには大きな落とし穴が待っています。

日本はピルの認知度が少ないです。
しかし、認知度が少ないからこそ、ピルを常用しておく必要があります。
そうすれば、予期せぬ妊娠に備えることができます。
認知度が少ないピルだからこそ、その認知度の少ないピルの重要性を知る必要があります。

認知度が少ないからと言って、性能がないわけではありません。
絶対に必要なものだからこそ、売られているのです。

おすすめ記事