コンドームでの避妊に失敗したらまずは落ち着いて対処

人は避妊や性病を防ぐためにコンドームを使用します。
それが、もし失敗してしまったらどうでしょう。
ペニスによっては、コンドームが外れやすいペニスを持った人もいます。
また、コンドームというものも日本製のものはかなり安心できるものですが、100パーセント破けない保証をしているわけではありません。
そうした場合、妊娠による不安や心配でストレスを抱え込むことになります。

そうした場合は、冷静になって周りに相談してみることが大切です。
一人で抱え込まず、周りに相談することで、良い産婦人科を紹介してくれる可能性もあります。
ピルは性病の観点から言って、一般的ではないですが、24時間以内であれば、ピルを飲むことで避妊することができます。
この24時間という時間が大切なのです。
コンドームを上手く扱えないという人は未成年者同士が多いです。
そうした場合、失敗して不安になって心配して、それで24時間が過ぎてしまうこともあります。
そうしたことで望まない妊娠をしてしまった場合、人生全体で大きなストレスを抱え込んでしまうことになります。
また、施設に預けたり、中絶したりする場合も、かなりのトラウマとなり、その後の人生が不安定になり、冷静に対処できることができなくなります。

まずは、周りに相談してみてください。
一人では考えつかないような答えを出してくれます。
そうした場合、避妊を上手くすることができ、避妊に失敗することなく、コンドームの失敗から自分を守ってくれます。
一番いけないのは、自分で不安や心配やストレスを抱え込み、自分で自分の子供を捨てて死体遺棄で捕まってしまったり、虐待をしてそれで捕まったりしてしまうことです。

そうならないように、まず第一にコンドームを失敗しないこと、失敗しても不安や心配をか囲まず、冷静に周りに相談することが大事です。
一人で抱え込むと、ストレスになってしまい、それで余計に事態を悪化させることになります。

不安は一人で抱え込まず信用できる人に相談する

人は信頼できる人を少なからず持っているものです。
そうでなければ、生きていけません。
そうした人に避妊を失敗してコンドームが破けてしまったり、取れてしまったことを直ぐに相談してください。

不安で車を運転できなかったり、未成年者同士であったり、夜に空いている産婦人科が遠くにある場合などは、直ぐに運転をして産婦人科に連れて行ってくれます。
そうすれば、少なくともピルが貰えます。
そうすれば、妊娠の心配だけは回避できるはずです。

もしも、冷静になることができず、24時間以上経ってしまった場合も、一人で抱え込まず周りに相談してください。
もしも、妊娠してしまった時のための妊娠検査器などはドラッグストアで売っていますが、場所を訊きづらいものです。
避妊に失敗してしまったという罪悪感からそうした質問が不安でできない状態に陥ってしまいます。
そうした場合も、その相談相手が代わりに買ってくれます。
また、中絶するかしないかということでストレスになることもありますが、冷静に考えるには、周りの相談が必要です。
一人で抱え込むと死体遺棄や虐待など犯罪に走ってしまう可能性もあります。

また、冷静になってパートナーに相談することも大切です。
そうすれば、結婚するという選択肢も出てきます。
とにかく、周りに相談して、選択肢を増やすことが大切です。
選択肢が増えればそれだけ、自分のためになります。
自分が納得できる選択肢を選ぶことができるのです。

コンドームの失敗は恐ろしいことです。
妊娠、性病、ありとあらゆることが考えられます。
不安にも心配にもなります。
それでストレスになって日常生活が疎かになることもあります。
まずは、冷静になって、一人で抱え込まず、周りに相談することが大切です。

おすすめ記事