アフターピルの避妊効果と作用の仕組み

アフターピルの避妊効果を説明する女性男女の楽しみのために行われたり、男性側の一方的な楽しみのためにと行われることもある性行為。
そのため場合によっては望まない時期に望まない相手と妊娠してしまう危険性さえあります。
それを避けるために作られた薬、それがアフターピルです。
「アフター」という名の通り、性行為後一定時間以内であれば服用することで避妊効果が得られるのです。

アフターピルを飲むとホルモンバランスが急激に変化します。
黄体ホルモン分泌を抑えるのです。
黄体機能不全です。
それにより生理が起こり避妊効果が得られるというわけです。
ただしすでに受精卵が着床してしまってから飲んでも作用しません。
実際の月経周期とは異なる時期の、アフターピル服用による生理ですからこれを消退出血と呼びます。

アフターピルは婦人科にて服用してもらえます。
自身の体を守るためにも携帯しておくとよいでしょう。
たとえ今はパートナーがいないという方であっても、女性であればいつどこで性犯罪に巻き込まれないとも限りません。
万が一の場合にはとにかく早く飲むことで避妊の確率を上げることができます。
着床が行われる前に、黄体機能不全にするのです。
24時間以内なら95パーセントほどの割合で避妊に成功するのですが、72時間以内とギリギリで使用すると75パーセント程度にその作用が落ちてしまいます。

無事避妊に成功したかどうかは、妊娠検査薬で調べてもよいでしょう。
アフターピル服用後、数日から3週間くらい以内に消退出血が起こったかどうかにもよります。
3週間をすぎても出血が来ないのであれば妊娠が成立している場合もあります。
アフターピルを使用したからといって100パーセント妊娠が防げるわけではないことは知っておきましょう。
とはいえ、すぐに服用するなら95パーセント。
服用しないでいるよりははるかに意味があることは分かります。
望まない妊娠により生まれてしまった子供は不幸です。
そんな子を増やさないためにもきちんと避妊をしましょう。

服用後の消退出血はいつからいつまで?

アフターピルを服用して消退出血が起こるまでの期間は月経周期とも関係するため必ずしも3週間目とは限りません。
排卵日前の時期に飲んだのであれば数日後に出血が起こりますし、排卵後の服用だと、次の生理予定日が来る頃ということで3週間後くらいになるのです。
出血しているということは子宮内膜が剥がれおちたということであり妊娠が起こらなかったということの現われです。
ただ出血量が少ない場合にはもしかしたら妊娠したことによる不正出血の可能性もあります。
妊娠検査薬を使ったり婦人科に行くなどして確かめてみてください。

排卵日直後の服用だと子宮内膜が少ないため出血量が少なく、あっという間に終わります。
一方、排卵日から数日たってからの服用だと普通の生理と変わらない出血量・期間を要することもあります。
すべては月経周期にかかっているというわけです。

数日後に出血があればすぐに安心できますが、時期によってはなかなか出血が起こらないことも。
不安に思うことでしょうがとにかく3週間は待ってみてください。

アフターピル服用により身体はホルモンバランスを大きく崩しています。
そのため、元のリズムに戻るまでは通常であれば3ヶ月ほど、もともと生理不順の方はそれ以上にかかることもあります。
次の生理の際には通常よりも経血の量が多かったり生理痛がひどくなることも。
この期間はあまり無理しないようにしましょう。
何度もアフターピルを服用しているとホルモンバランスは崩れたまま、体調にも大きな影響を与えてしまいます。
いざというときにはアフターピルがあるから大丈夫、と安易に考えるのではなく女性としての自身の体を守るためにも日頃からきちんと避妊をするようにしましょう。

おすすめ記事