アフターピルの副作用とホルモン含有量

アフターピルは不意の妊娠を防ぐための、性行為後に服用する避妊薬ですが、低用量のピルよりも強い薬となっているので、副作用の出る場合が多くなっています。
アフターピルを飲んだ後に出る症状としてもっとも多いのは吐き気です。
そのほかの症状としては、頭痛やめまい、倦怠感などが挙げられます。
強い吐き気によって、嘔吐してしまう方もいます。

吐き気の症状が出る女性副作用による吐き気で嘔吐してしまうと、アフターピル使用後2時間以内の場合、体内に必要な避妊のためのホルモン量が十分に吸収されないため、ただちにもう一度アフターピルを服用する必要があります。
2錠飲むタイプのものは、1錠目よりも2錠目のほうが嘔吐してしまうパターンが多いようです。
その場合も、すぐに1錠目を飲み直さなければなりません。
避妊を確実なものにするためには、避妊失敗から服用までの時間が、避妊成功に大きく関わってきます。
万が一、吐き気が強く、嘔吐してしまう事態になってしまったときのことを考えて、2箱準備しておくのが望ましいでしょう。

このような副作用を防ぐためには、吐き気止めを使用するのがおすすめです。
吐き気止めを使用すれば、嘔吐や吐き気の症状を緩和してくれます。
アフターピルと吐き気止めは、併用しても問題はありません。
避妊の効き目が薄れてしまうということもないので、副作用が心配だという方は、吐き気止めを服用しておくと確実でしょう。
アフターピル服用によって起こる吐き気の症状は、ホルモンバランスが崩れたことによって起こる反応なので、市販のものなら乗り物酔い防止の吐き気止めがおすすめです。

また、クリニックなどでアフターピルを処方してもらう際に、吐き気止めをお願いすれば、一緒に処方してもらうこともできます。
吐き気などの副作用は、服用した後、時間の経過とともに和らいでいき、だいたい24時間ほどでおさまります。
不妊症やその他の後遺症が残るのではと心配する方もいらっしゃいますが、そのようなこともありません。
ただ、ほとんどありませんが、服用後に激しい頭痛や胸の痛みに襲われるような場合は、すぐに医者にいきましょう。

アフターピルの服用は未成年も可能なのか

アフターピルは、未成年でも服用することができます。
産婦人科や、クリニックなどで処方可能です。
親に知られてしまうのではと心配する方も多いと思いますが、未成年だから親の承認がなければならない、ということはありません。
産婦人科から親に連絡が行く、ということもないので、安心して受診してください。

未成年の方で、もし性行為後に避妊に失敗してしまったかもしれないと不安を覚えたら、1万円ほどの現金と、保険証を持って産婦人科にいきましょう。
アフターピルは保険適用外なので、保険証を持っていっても安くなることはありませんが、本人の身元を証明するためのものとして必要となるかもしれないので、念のため持っていったほうが望ましいでしょう。
また、アフターピルは本人にしか処方できない決まりになっています。
ですので、彼氏や友達に薬を受け取ってもらう、というようなことはできません。
処方可能といっても、アフターピルは余分に処方してもらって常備しておけるような薬ではありません。
あくまで避妊に失敗してしまったときの最後の手段として処方してもらうようにしましょう。

アフターピルは、ホルモン含有量が多ければ多いほど、避妊の効き目があります。
しかし、ホルモン含有量が多いものは、それだけ副作用も強く出る場合があります。
そういったこともあり、未成年にアフターピルを処方する場合は、基本的に種類が限られたものになります。
ただ、未成年だからより副作用がひどいとか、体に大きな負担がかかるというわけではありません。
未成年のアフターピルの服用にはなんの心配もいらないので、もし避妊に失敗してしまったら、あるいは失敗してしまったのではと感じたら、すぐに産婦人科やクリニックに行くようにしましょう。

おすすめ記事