アフターピルの値段と相場はどれくらい?

男性と女性が付き合いを重ねる中で、愛情表現の一つとして性交渉まで発展するのは当たり前のことです。
将来を約束していても、していなくても、二人の関係を結ぶものとして肉体関係は切り離すことができないことです。
しかし、性交渉をすると妊娠をする可能性があります。
通常の肉体関係では子供ができるのは当然のことであり、そうならないようにするためには避妊をしていく必要があります。

今は避妊をするといっても色々な方法があります。
男性主導型の避妊よりも今は女性が自分の身を守るといった感覚もあり、多くの女性が服薬などをして妊娠を避けるようにしている傾向にあります。
それが経口避妊薬であるピルの服用です。

ピルは普段から服用することで妊娠をしない体にすることができる低用量のピルと性交渉のあとに妊娠の可能性が出てきた場合に妊娠を避けるために服用するアフターピルがあります。
いずれにしても女性ホルモンが配合された薬になるので、体に負担がかかることは確実です。

低用量のピルというのは事前に準備をしておくものであり、排卵を抑制する働きをします。
28日間の生理周期に整えて、排卵を抑えることで体内に男性の精子が入ったとしても受精卵ができないので妊娠を防ぐことができます。
アフターピルは中用量のホルモン剤が入っており、受精卵ができるのを防いだり、できた受精卵が着床することを防いだりします。

いずれのピルにしても妊娠をしないようにするための錠剤ですが、医療機関で処方をしてもらうか、海外からの通販で購入するかという2つの方法になります。
医療機関で専門医の診察を受けてから服用するのが安心ですが、費用が少しかかります。
アフターピルの場合では避妊に失敗をしてすぐに受診をして出してもらうにしても72時間以内という制限があるので、早めに行くことをおすすめします。

値段としては医療機関でも安くて5千円程度からになっており、通常は1万円以上もかかることもあります。
これはアフターピルの種類にもよりますし、医療機関によっても違いがあります。

欲しいピルが決まっているなら通販でまとめ買いがお得

避妊に失敗をしたり、望まない性交渉を強いられた時には妊娠をしてしまう可能性があります。
そういった時にはアフターピルを服用するといいでしょう。
ただ、産婦人科などの病院で出してもらうことになると、値段も高く、精神的な負担だけでなく、経済的な負担がかかります。
そこでおすすめなのが、海外からの通販でまとめ買いをする方法です。

アフターピルでもいろいろな種類があり、価格の相場も異なります。
アフターピルは種類によって1錠服用のタイプや2錠服用のタイプなど、いろいろな物があります。
いざというときのためにいくつかのストックがあると安心して生活をすることができるので、お得なまとめ買いをしておくようにします。

通販で購入しようと思ったら、注文などの手続きは意外に簡単で手間もかかりません。
専用のサイトから自分の欲しいピルを探してネット上で注文、決済をするだけで後日送ってもらうことができるようになっています。
1錠だけで注文をするよりも複数でまとめ買いをすることでかなり安くなるのでお得です。
場合によっては病院で出してもらう価格の2~3割で購入できることもあるくらいです。

相場としては、安いものでは1回あたり服用する量でも千円程度からになっており、高くても数千円くらいが相場になります。
病院では高い場合には3万円くらいもしたりするので、初めての時では病院で出してもらうとしても、その後は同じものを通販で購入していくとお得です。
手続きが簡単で手間もかからず、お守り代わりの備えにもなるので、服用する種類が決まっているのなら、通販の利用をするというのもいいでしょう。
うまく利用して、気持ちよく生活を送ることができるようにしましょう。

おすすめ記事