ピルによる避妊効果を得るためには毎日継続的に錠剤をのみ続けなければいけない、そう思っている人も少なくありません。
確かに、ピルの中でもホルモン成分の含有量が比較的少ない低用量ピルの場合、長期間の服用で初めてその避妊効果が得られます。
逆に、服用を止めた段階で避妊効果が得られなくなるため、そう誤解している人がいても致し方ありません。

ただ、ピルの中には性行為後にたった一回服用するだけで避妊効果が得られるタイプのものもあります。
それがアフターピルです。
アフターピルはその飲み方に決まりがあります。
この服用方法を守らなければ十分な避妊効果が得られませんし、何より体に非常に大きな負担がかかってしまうことがあります。
望まぬ妊娠を避けることはもちろんですが、身体への負担も考慮しながらピルを活用していくことが大切になってきます。

アフターピルはどのタイミングで飲むのが正解?

アフターピル服用のタイミングを考える女性アフターピルは原則として性行為があってから3日以内、72時間以内に服用する必要があります。
海外ではこの72時間以内でなくても、5日以内であれば一定の避妊効果が得られるという調査結果が発表されています。
ただ、やはり性行為から72時間以内にアフターピルを服用したほうがその避妊効果は高く、同時に服用のタイミングが早ければ早いほど避妊の確率は高くなっていきます
それは実際の数字で見てもわかることです。

ある調査では、性行為があって12時間以内のタイミングでアフターピルを服用した場合、その妊娠の確率は0.4パーセントにまで抑えられています。
これが13時間から24時間以内のタイミングであれば1.5パーセント、それから36時間以内であれば1.8パーセントの妊娠の確率で、最終的に61時間から72時間以内のタイミングであれば4.1パーセントの確率で妊娠が確認されています。
最後の数字で見てもその妊娠の確率は十分に低いのですが、より確実に避妊していきたいという場合には早め早めのアフターピル服用がおすすめです。
服用のタイミングが早ければ早いほど確実な効果が得られるというわけです。

アフターピルの避妊率は100%ではない

もちろん、アフターピルを服用したからといって必ずしも望まぬ妊娠を避けることができるというわけではありません
どんなに早く行動したとしても現実として妊娠しているケースもあるわけです。
とはいえ、アフターピルを用いる場合にはこの72時間以内というタイミングをしっかり押さえて使用するようにするといいでしょう。

アフターピルの仕組み

そもそもアフターピルはどういった仕組みで避妊効果を高めているのでしょうか。
原理としては、世間でも知られている低用量ピルと仕組みは同じです。
ピルの中には通常、排卵を促し子宮内膜を分厚く成長させていく卵胞ホルモン、受精卵を子宮内に着床させる期間に分泌される黄体ホルモンの二つが含まれています。

低用量ピルの場合

低用量ピルの場合、約1か月の期間を通してこの卵胞ホルモン、黄体ホルモン成分を摂取していきます。
人工的にホルモン成分を子宮内に届けることでホルモンの分泌を止めていきます。
これによって排卵自体を防ぎ、妊娠を防止することが出来ます。

アフターピルの場合

アフターピルの場合、性行為後の短時間でこのホルモン成分の作用を活用していきます。
排卵前であれば黄体ホルモンによってその排卵自体を防いでいきます。
たとえそれが排卵後であった場合でも、黄体ホルモンを人工的に取り入れることで強制的に月経を起こさせ、受精卵の着床自体を防ぐことが出来ます。

低用量ピルの場合、約一か月かけて体を妊娠しにくい状態に変化させていきますが、アフターピルの場合はそれを最短で行っていきます。
その分ホルモン成分の含有量が多く、身体への負担も大きくなるため時に注意が必要になってくることもあります。

アフターピルの副作用

吐き気やめまい、頭痛など、ピルの服用でありがちな症状が顕著にあらわれることがあります。
ピルの服用自体に慣れない人であれば、日常生活にも支障が出るほどの状態になることも考えられます。

もちろん、アフターピルを服用していても健康には何ら問題はありません。
とはいえ、よっぽど体への影響がひどい場合には仕事や学校などを休むなどして体の負担を減らす工夫も必要になってきます。
性行為後の急な体調変化で気持ちの面でも不安定な状態が続く可能性があります。
まずは、心と体、両方の安定を図ること、アフターピルは便利な避妊アイテムではありますが決して頻繁に使える代物ではないことをしっかり押さえておきましょう。

アフターピルの入手方法

アフターピルを使用する必要がある場合、日本であれば医療機関を受診して処方箋をもらうことになります。
個人輸入でピルを購入する方法もあるにはあるのですが、スピードが重視されるアフターピルの服用においてあまりお勧めはできません。
医療機関を受診する方法であれば、最短のルートでピルを手に入れることが出来ますし、何より安心感が違います。

ノルレボ法とヤッペ法の違いを知っておく

アフターピルと一口にいっても、実は大きく分けてノルレボ法ヤッペ法の二つの種類があります。
日本ではひと昔前にヤッペ法が、現在ではノルレボ法が多く用いられています。
どちらの場合でも、性行為から72時間以内のタイミングで服用が勧められるという点は同じですが、その具体的な方法については微妙に異なります。

ヤッぺ法

ヤッペ法の具体的な方法について、まず性行為からできるだけ早い段階で卵胞ホルモン0.1ミリグラム、黄体ホルモン1ミリグラムを含むアフターピルを服用します。
そこから再び、12時間後に同じ錠剤を服用することで避妊効果を得ていきます。

ヤッペ法は合計で2回、ピルを服用する必要があり、人によっては飲み忘れが発生することもあります。
この方法は日本で認可された方法ではないものの、ノルレボ法が認可されるまで医師の責任の下、行われていた緊急避妊法でもあります。

ノルレボ法

それに対してノルレボ法の具体的な方法はどういったものなのでしょうか。
ノルレボ法の場合、ヤッペ法とは違い、アフターピルを服用するタイミングは1回です。
これもできるだけ早い段階での服用が勧められるわけですが、一度服用すれば飲み忘れの心配がないためほとんどの医療機関ではこのタイプのピルが勧められます。

実は、ノルレボ法はヤッペ法に比べて体への影響が少ないとされています。
アフターピルは先に挙げたように低用量ピルに比べて体への影響があらわれやすいといわれています。
ヤッペ法を用いた方法の場合、アフターピル服用後にその半数が吐き気や頭痛などの症状を訴えるのに対し、ノルレボ法ではその1割程度にしか症状があらわれません。

入手が手間ではあるがノルレボ法がおすすめ

もちろん、症状の出方には個人差がありますし、一概にどちらがいいと決められるものではありません。
とはいえ、頭痛や腹痛、吐き気など、つらい症状はないに越したことがないのも事実です。
体への負担を考慮するのであれば、日本でも認可されているタイプのノルレボ法がおすすめとなってくるわけです。

とはいえ、ノルレボ法の場合にはアフターピルを購入するためにわざわざ医療機関を受診する必要があります。
もちろん、体のことを考えれば医師の判断を仰ぐことも大切ではあるのですが、急いでいる人であればあるほどこの手間が惜しいと感じることもあるでしょう。

アフターピルの代用としてヤッぺ法も良い

こうした場合、ヤッペ法であれば低用量ピルでアフターピルの代用が可能です。
ヤッペ法の場合、先にも挙げたようにホルモン成分の含有量を低用量ピルで計算してしまえば、代用が出来てしまいます。

低用量ピルの場合、医療機関で購入するほか、個人輸入で定期的に購入することもできますし、それを常備していればもしもの時の緊急避妊薬として代用することも可能というわけです。
もちろん、本来であれば日本で認可されているノルレボ法を用いるのがベストです。
ただ、仕事や私生活での影響で医療機関になかなかいけないという人、もしもの時のために常にその準備をしておきたいという人はヤッペ法での対応を考えていくのがおすすめです。

ヤッぺ法の活用方法

ヤッペ法の場合、避妊が成功すればピルを服用後数日程度で生理が訪れます。
排卵前にヤッペ法を用いた場合には約5日程、排卵後であった場合には21日以内に生理が訪れるとされています。
この期間を過ぎれば妊娠の可能性も出てくるため、その都度検査をして確認をしていくのがおすすめです。

ヤッペ法の場合、100パーセント妊娠を避けられるというわけではありませんが、これはノルレボ法の場合でも他の避妊方法の場合でも同じことです。
完ぺきな避妊が出来ないからこそ、いくつかの方法を組み合わせてよりその効果を高めていくことが大切です。
体への負担が少なからずあるとされるアフターピルですが、だからこそ、その知識をしっかりと身に着けて必要に応じて使い分けていくことがポイントとなってきます。

低用量ピルのトリキュラーがアフターピルにもなる?

トリキュラーの画像先にも挙げたように、アフターピルでもヤッペ法とノルレボ法とではピル服用のタイミングや回数が異なってきます。
この違いを十分に理解した上での話ですが、より簡単な方法で避妊をしたいというのであればヤッペ法をうまく活用するのがおすすめです。
というのも、日本の場合にはアフターピルを購入するために医師の診断が必要になってきます。
ピルを初めて購入するという人であれば尚のこと、体への影響の出方や体との相性を見極める必要があります。
とはいえ、アフターピルのように緊急性が高いときに使用するピルの場合、購入する時間すら惜しいというケースも少なくありません。
そこでトリキュラーなどの低用量ピルの出番というわけです。

トリキュラーをアフターピルとして使用する方法

先にも挙げたように、ヤッペ法であればトリキュラーなどの低用量ピルでその代用が可能です。
トリキュラーの場合、性行為から72時間以内に4錠分をまとめて服用していきます。
その後、同じ分の錠剤を12時間後に服用します。
たったこれだけで、アフターピルと同じような効果を得ることが出来ます。

トリキュラーの入手方法

トリキュラーは日本で売られているアフターピルとは違い、通販サイトなどで簡単に購入することが出来ます。
通販サイトでは、海外で売られているピルを個人輸入という形で購入していきます。
海外での薬の購入を代行してくれるこうした通販サイトは、個人が自分で薬を使う分には自由に利用することが出来ます。

もちろん、個人輸入で購入した薬の服用に関しては、完全な自己責任となるため気を配っていく必要はあります。
とはいえ、より安く、手軽に低用量ピルを購入できる方法があるのであれば利用するに越したことはありません。

通販サイトでトリキュラーを購入し、それを常備していくことで今回のような緊急時にも避妊効果を得ることが出来ます。
もしもの時のための備えとして、こうした知識も必要になってきます。

トリキュラーの購入に関して

薬の代行を行う業者サービスがある通販サイトに@通販がありました。
トリキュラー@通販

トリキュラーをアフターピルとして使うときの注意点

ただ、こうしたトリキュラーを用いて緊急避妊を行う際には注意が必要になってくることもあります。
先に挙げたように、アフターピルはホルモン成分の含有量が多くなるため、その分体への負担が大きくなります。
ピルの特性上、血栓ができやすくなったり、血液をドロドロにしやすくなる作用もあるため、体質によっては危険なこともあります。

アルコールやたばこは控えよう

アルコールやたばこの摂取は血管を細く収縮させてしまったり、血液の流れを滞らせてしまう可能性もあるため、ピルを服用している間は控えるのが賢明です。
体質的に血栓症の疑いがあるという人も服用は避けるに越したことはありません。
トリキュラーでヤッペ法を用いる場合には、血栓症の疑いがない事、アルコールやたばこを摂っていないことが最低条件となります。

医師の管理下での服用が安全

もしも仮に、こうした不安要素がある場合には、素人判断でピルを服用するのではなく医療機関での診察を経てから行動に移すようにしましょう。
医師の監視下であればピルの服用が許されるケースもありますし、安全面にもこれで配慮することが出来ます。

この場合は医療機関に通う手間はかかりますが、すべてが自己責任となるトリキュラーでの緊急避妊に比べて、安全性は十分に確保されています。
今回紹介したヤッペ法での緊急避妊方法はあくまで、他に方法が見当たらないとき、何度も低用量ピルを用いたことがあり、ある程度その安全性が確保されているときだけです。
ノルレボ法と違い、ヤッペ法は体への負担も十分に考慮した上での利用していくことが大切です。

妊娠確率が上がってしまうことも

ちなみに、この低用量ピルを用いたヤッペ法は、排卵時期に重なると妊娠の確率が2倍ほど高くなります
排卵前、排卵後であればまだしも、タイミングによっては妊娠を避けられないこともあるわけです。
とはいえ、ヤッペ法の元々の妊娠率は3パーセント前後、それが2倍になったところで何もしないよりは対策を打っておくに越したことはありません。